椿ヶ丘団地の管理人

椿ヶ丘団地の管理人③話【団地の現実 私の現実】ネタバレ感想

椿ヶ丘団地の管理人③話【団地の現実 私の現実】ネタバレ感想

椿ヶ丘団地の管理人③話

団地の管理者となってエッチな仕事をやる事態に・・・!

 

椿ヶ丘団地の管理人 第③話

【団地の現実 私の現実】

のネタバレと感じたことをご案内します♬

 

↓無料お試し読みあり↓

⇒無料試し読みはこちら

公式WEBサイトから
「椿ヶ丘団地の」でリサーチ♪

 

 

椿ヶ丘団地の管理人③話【椿ヶ丘団地管理人の『サービス』】ネタバレ

 

管理者の『性サービス』を理解し

しない!と拒否した美智子。

 

「嫌ならしなくてOKよ

けど選り好みしているゆとりなどあるのでしょうか?」

と管理者は美智子を煽って来る。

 

「賃料も無い程お金ないというのに

翌年お嬢さんを高校に通わせてあげられるの?」

美智子は図星を刺されてあたふたする。

 

「この歳で母子家庭のあなたにきちんとした職が見つかると思う?

たかだかアルバイトがいい所じゃあない?」

 

管理者がこれだけいうのは

自分もシングルマザーのためであった。

一人息子は現在は仕事をして自宅を出ているが

辛い経験をしたらしいのだ。

 

お金が無いことはこどもにおいては関係ない事。

 

美智子は弱みを突かれた・・・。

 

椿ヶ丘団地は、昔入居者の下降によって潰されそうとなっていました。

その頃の居住者たちは抗議し、

ここで考えられたというのが

管理者においての性サービスの提示でありました。

 

性サービスが気楽にやってもらえる団地ということで

独身高齢者の方を主に入居者がアップしたのだ。

 

そのあとも管理者をやって来た女性達によって

とり壊しを免れています。

このことが椿ヶ丘団地の現在の状況であった。

 

これを理解し、自身がここへ住めているというのに

酷い事を口にしてしまったと悔やむ美智子。

けれどだからと言ってあのようなことできるわけがない・・・

 

その所へ娘が帰って来て

進路アンケートを美智子に渡した。

 

そこのところは『定時制』の文章が。

娘は家の経済をきにかけて、お昼の間仕事ができる定時性を選択したと話す。

「今よりもっとおかあさんに迷惑かけたく無いから」

と笑顔の娘に美智子は

「母失格だ・・・」

と失望してしまう。

 

美智子は管理者のもとへ足を運び

 

「管理者、させて下さい」

 

と意志を固めた。

 

 

↓無料お試し読みあり↓

⇒無料試し読みはこちら

公式WEBサイトから
「椿ヶ丘団地の」でリサーチ♪

 

椿ヶ丘団地の管理人③話感想

椿ヶ丘団地の経歴が分かりましたけど

とり壊しをとめる目的で性サービスをはじめるって・・・

 

どういうアイデアダヨ!と思いますがw

 

こんなサービスがあったとしたら

独身独身者のの中で拡がりそうな気はいたしますけれどねw

 

管理者さんもシングルマザーであったのですね。

 

美智子の姿がかつての自身に重なり合って

管理者を推奨したかも知れませんね^^

 

確かにお金のせいで、こどもにやりたいことをさせられ無い

といったことはきついですし。

 

決定ポイントは娘のお母さんに対しての気配りでありました。

これは母親からすればつらいことでしょう・・・

 

いずれにしてもいよいよ管理者になった美智子は

管理者の性サービスを行うことができるのだろうか?

 

↓無料お試し読みあり↓

⇒無料試し読みはこちら

公式WEBサイトから
「椿ヶ丘団地の」でリサーチ♪

ABOUT ME
エロマンガ
エロマンガの最新情報やお得な情報についてお伝えしていきます!また、感想や口コミなども発信していきます!配信したばかりのタイトルについてもネタバレや感想などをお伝えしていきます!そして、見どころシーンなど、Hな場面も詳細にお伝えしていきたいと思います!様々なエロマンガがあるなかで、ぜひ自分にあったエロマンガを見つけていただきたいと思います!