混浴温泉で年上のお姉さんにいっぱい出させてもらう話

混浴温泉で年上のお姉さんにいっぱい出させてもらう話 第3話 ネタバレ

混浴温泉で年上のお姉さんにいっぱい出させてもらう話 口コミ

今回のシチュエーションは、混浴温泉という中で、ひぐま屋ワールドが展開されます。
過去シリーズで良かったなと思う作品があった方や、サンプルの画像で気になった方、おねショタ好きの方はきっと期待通り(それ以上)の作品だと思います!

第3話「なあに?膣内に出したいの?もう…♪」

精○でお姉さんの尻を汚くしてしまいましたとケイタは謝った。

 

「そんなことより…オチ○チンきれいにしてあげる…」

 

立ちつくしていらっしゃるケイタの目の前でしゃがみ込んだお姉さんは、オチ○チンを口に含有すると上下動にゆすりはじめた。

 

刺激の強烈さにケイタはついつい生の声がしみ出る。

 

その次は右手と左手でもったお乳でオチ○チンを挟んできた。

 

「え?おっぱいで?」

 

ふかふかおっぱいでオチ○チンをシゴかれる刺激というのは我慢できない。

 

「あっ…あっ…ハァハァ…」

 

気持ち良すぎるお乳の刺激でケイタはふたたび射○することになる。

 

「あらら…❤もう1回汚れちゃった…」

行為のその後、汗ばみ精○で汚された体をきれいにしあう。

 

裸の女性の人と泡に塗れ、こういう風にしてそばにいる事が夢いっぱいの中にいるように感じられる。

 

お姉さんはでっかいおっぱいを活用してさまざまなことをしてくださった。

 

ケイタの背中におっぱいを押し当てつつ滑るように動かすことはゾクゾクしてしまう。

 

「ケイタくん、もう1回?…」

 

オチ○チンがふたたび拡大していた。

 

「もっと…おばさんとオマ○コやってほしい?」

 

「オマ○コ…してみたいですぅ…」

 

お姉さんは両足をいきなり伸ばしてきたのです。

 

「オマ○コ…オマ○コ…」

 

興奮したケイタは素早く入れたくてしかたがない。

 

「なあに?膣内に出したいの?」

 

「良いよ…たくさん射○して…」

 

気持ち良くて射○させたあとはカラダの力が抜けてしまいます。

 

ー混浴というのは素晴らしい…ー

 

「あの…ふたたび会えるのでしょうか?…」

ABOUT ME
エロマンガ
エロマンガの最新情報やお得な情報についてお伝えしていきます!また、感想や口コミなども発信していきます!配信したばかりのタイトルについてもネタバレや感想などをお伝えしていきます!そして、見どころシーンなど、Hな場面も詳細にお伝えしていきたいと思います!様々なエロマンガがあるなかで、ぜひ自分にあったエロマンガを見つけていただきたいと思います!