混浴温泉で年上のお姉さんにいっぱい出させてもらう話

混浴温泉で年上のお姉さんにいっぱい出させてもらう話

混浴温泉で年上のお姉さんにいっぱい出させてもらう話 口コミ

チラリズムって良いですよね。
豪快に半ば男らしいほど丸出しの女の人もそれはそれで破廉恥ではあるものの、見えない事によって逆に色気が高まる現象は確かに存在します。
本作はそれを再認識させてくれました。
サンプルにも出ているように、お姉さんはタオルで前を隠し、湯船の中でも最低限の部分は手でガードして入っています。
そこに居るのは異性と言ってもかなり年下の少年だけなので、なんなら最初から開放的になる選択肢もあったはずです。
現に、表情では混浴に戸惑ったり避けたりする描写は見られず、すましてリラックスしています。
女性的な羞恥心と言うよりは、まだ未成熟な男子に刺激的な物を見せまいとする大人の気遣いなのかもしれません。
少年の目が女体に釘付けなのに気づいても、烈火のごとく怒るでもなく、淫獣のごとく襲い掛かるでもなく、じらすように近寄る仕草は色っぽくてムードを盛り上げてくれます。
言い換えれば、大人として少年にしっかり意思確認をしてから、開錠する良いお姉さんって事です。
そして、彼がヤる気満々とわかったら、包容力たっぷりでエスコートしつつ、あせり気味な若さを諌めて手綱を握る余裕っぷりが妖艶さを否応なく高めています。

混浴温泉で年上のお姉さんにいっぱい出させてもらう話 エロシーン

コースの天井においては、ナマコみたいな隆起があって、隆起においてはいくつものボツボツがありました。

 

この尖ったボツボツが指にタッチしするイメージが、極めて斬新だった。

 

“お姉さんは男の人の経験がある”と想定したことは、勘違いしていたらしい。

 

これは、お姉さんがあんまり経験がありませんとカミングアウトしたからです。

 

これをチェックすると、ぼくは指を抜いたのです。

 

それとなくマン汁に浸かった指を嗅いで見る。

 

お姉さんの臭いがお控えぎみに指先にからみついてありました。

 

不愉快な異臭じゃありませんでした。

 

というか、ぼくに行動をうながす香気ということであります。

 

ぼくはこの臭いを嗅いで、舌で女の人の身体を堪能することを決めた。

 

おっぱいからおなかに舌を這わせ、両足を開かせた。

 

お姉さんのおマ●コというのは、愛らしい状態の淫唇がピンク色の割れ目をつつんであった。

 

この展望も斬新だった。

 

ぼくは引き寄せられるごとく唇を近づけた。

 

女の人の臭いがいくらか強くなる。

 

ぼくは茂みにキスをしてしまった。

 

「あららァァ…」

ABOUT ME
エロマンガ
エロマンガの最新情報やお得な情報についてお伝えしていきます!また、感想や口コミなども発信していきます!配信したばかりのタイトルについてもネタバレや感想などをお伝えしていきます!そして、見どころシーンなど、Hな場面も詳細にお伝えしていきたいと思います!様々なエロマンガがあるなかで、ぜひ自分にあったエロマンガを見つけていただきたいと思います!